会社設立前の事業計画について

オリジナル見出し01

会社設立をするときにはいろいろな手続きを行わなければなりませんが、事業計画をきちんと立てておくことは必要なことの一つです。



どのような事業を行って、それによってどれくらいの収益が見込めるのかを考えることは必要です。

実際に営業してみないと収益がどれくらい上がるのかはわかりませんから、大まかに考えておきましょう。個人事業として行っていた場合の収益などを参考にすれば、だいたいどれくらいなのかを想定することはできるはずです。



収益がどれくらいかかるのかがわかれば、次に経費がどれくらいかかるのかがわかるはずです。


会社設立をすれば、本業に必要な経費以外にもいろいろな経費がかかります。



例えば会計処理を税理士に任せるのであれば、税理士報酬を支払わなければなりません。

会社として事務所を持つのであれば、賃貸オフィスなどが必要となってくるでしょう。



そのためには賃料を支払っていかなければなりません。バーチャルオフィスやレンタルオフィスなどを利用すればコストは余りかかりませんが、それでもぜろではありません。



これらの経費を考えたうえで、利益がどれくらいになるのかを予想してみると良いです。



こうすることによって、税金がどれくらいかかるのかを試算できます。

税金を差し引けば税引き後の最終利益を計算できますから、それが個人事業主として営業をしている場合よりも高くなっているのかどうかを比較できます。



会社設立をするときには、このような事業計画をきちんと立てておくべきでしょう。



関連リンク

  • タイトル21

    会社設立をすることによって法人格を得ることができますから、個人として営業をする場合とはいろいろな違いが生じることは知っておかなければなりません。事業を始めるにあたって手続きが必要となりますが。...

  • タイトル22

    会社設立をするときにはいろいろな手続きを行わなければなりませんが、事業計画をきちんと立てておくことは必要なことの一つです。どのような事業を行って、それによってどれくらいの収益が見込めるのかを考えることは必要です。...