会社設立における自由度について

オリジナル見出し01

会社設立と言うと、個人事業主が税金面で優遇を受けられること、経費として認められる範囲が広まるなどの理由から行うものだと言ったイメージが在りますが、会社設立はサラリーマンなどの人が独立をする時にも会社設立をして、自らが会社のトップになるケースもあるのです。



サラリーマンの人が独立する場合は、既存顧客の獲得が必要になります。



しかし、現在勤務している会社に対して迷惑をかけるわけにはいきませんので、設立後の動きには注意が必要となります。



会社を設立すると言う事は、社会から会社として認められる事になります。



そのため、責任を追う立場になると言う事でもあるのですが、法人格になる事で社会的な信頼を得ることが出来るようになります。



新会社法が施行されたことで、従来の有限会社は廃止となり、新たに合同会社と呼ばれている会社スタイルが誕生しています。



会社設立における選択肢として、従来は株式会社と有限会社の2つが在りますが、株式会社の場合は最低資本金額は1000万円、取締役の人数は3名以上、そして監査役は1名以上の選任が必要であり、有限会社の場合は最低資本金の額は300万円、そして一人でも有限会社は設立が出来たわけです。



新会社法が施行されたことで、合同会社と言う新しい会社のスタイルが導入されたわけですが、合同会社は出資者全員が代表社員と呼ばれる特殊な会社形態ではあるのですが、定款で定める事で会社の代表を決めたり、業務執行を行う社員塗装ではない社員に分けることが出来るなど、会社設立に置いての自由度が高まっているのです。



関連リンク

  • タイトル21

    会社設立を行う場合、必ず定めておかなればならない事が在ります。会社の商号や事業目的などは基本的な事として定める必要が有ります、会社の商号や事業目的を定めなければ会社設立は出来ません。...

  • タイトル22

    会社設立をするときにはいろいろな手続きを行わなければなりませんが、事業計画をきちんと立てておくことは必要なことの一つです。どのような事業を行って、それによってどれくらいの収益が見込めるのかを考えることは必要です。...