会社設立と定款について

オリジナル見出し01

会社設立を行う場合、必ず定めておかなればならない事が在ります。



会社の商号や事業目的などは基本的な事として定める必要が有ります、会社の商号や事業目的を定めなければ会社設立は出来ません。

会社設立では定めた事項を定款に記す必要があるのです。



定款は会社の基本的なルールを定めるもので、会社の憲法とも言われています。



憲法は国が定めたルールであり、国民は憲法を守る義務が有ると同時に憲法に守られています。



憲法は国が定めるもので、国民は憲法に準拠した形で応じる事になりますが、会社設立では会社を作る人が会社の憲法とも言われている定款を定める必要があります。


定款は一度定めた後でも変更は出来ますが資本金の増資や役員の変更などの変更を行う会社は在っても度々の変更を行うケースは少ないため、最初にしっかりと定めておかなければなりません。



特に絶対的記載事項は記載漏れや会社法に違反が無いことを確認する必要が有ります。

但し、会社法など法律に違反する事は許されませんので、相対的記載事項や任意的記載事項についても注意が必要です。



尚、新会社法が施行された事で、定款には自由度が高まっており、法律上で違反すること無く定めておけば会社を経営する中で有利になることも多くなります。



会社は決済報告の義務が在りますが、決済報告は官報に掲載されるのが一般的ですが会社のホームページに掲載する事も出来ます。



定款の中で決済報告の方法をしていておく事で、経費の節約も出来るのです。

関連リンク

  • タイトル21

    会社設立をすることによって法人格を得ることができますから、個人として営業をする場合とはいろいろな違いが生じることは知っておかなければなりません。事業を始めるにあたって手続きが必要となりますが。...

  • タイトル22

    会社設立をするときにはいろいろな手続きを行わなければなりませんが、事業計画をきちんと立てておくことは必要なことの一つです。どのような事業を行って、それによってどれくらいの収益が見込めるのかを考えることは必要です。...