会社設立と個人の違いについて

オリジナル見出し01

会社設立をすることによって法人格を得ることができますから、個人として営業をする場合とはいろいろな違いが生じることは知っておかなければなりません。事業を始めるにあたって手続きが必要となりますが。個人事業主の場合には税務署へ開業届を出すことが必要とはなりますが、他に特に手続きは必要ありません。法人の場合、定款を作成して認証を受けて、登記申請を行った後に税務署などへ届け出なければなりませんから、会社設立の手続きは非常に複雑になります。



会社設立をすれば、いろいろな事務作業をしなければなりません。



例えば決算書類を作成しなければなりません。



この点ではデメリットがあると言わざるを得ませんが、これらのことをきちんと行っていれば、それが社会的な信用力につながります。

個人事業主に比べれば社会的信用力が高いと言われることが多いですが、それはいろいろな事務作業をきちんと行っているからだと考えられます。



税金についても大きな違いがあります。



会社設立をすれば、まず会社に対して税金がかかります。そして、会社から給料を貰えば、もたった人に対しても税金がかかります。



会社としては法人税や住民税を収めなければなりませんが、それとともに給料をもらった人も所得税や住民税などの税金を収めていかなければなりません。



個人事業主の場合には、その人の所得に対して税金が発生しますから、納税の手続きは一度だけで済ませることができるというメリットがあります。



関連リンク

  • タイトル21

    会社設立をすることによって法人格を得ることができますから、個人として営業をする場合とはいろいろな違いが生じることは知っておかなければなりません。事業を始めるにあたって手続きが必要となりますが。...

  • タイトル22

    会社設立と言うと、個人事業主が税金面で優遇を受けられること、経費として認められる範囲が広まるなどの理由から行うものだと言ったイメージが在りますが、会社設立はサラリーマンなどの人が独立をする時にも会社設立をして、自らが会社のトップになるケースもあるのです。サラリーマンの人が独立する場合は、既存顧客の獲得が必要になります。...